リードオルガン修理の広場

fuukin.exblog.jp
ブログトップ

西川オルガン49鍵 (10) 小袋 ①

いよいよ小袋を貼ります。

この小袋の貼り方ですが、下辺(チョウツガイの部分)を先に貼って、後は上辺、側面を貼ったあまりをその上から回り込ませるか、反対に上辺、側面をはり、その余りを下辺に回り込ませてはり、そのうえから下辺の底の部分を新たに貼る方法との二つがあります。

山葉61鍵盤の失敗は下辺に回り込ませるラバークロスの量が3センチくらいと足りなかったので、とりつけてからの息漏れに苦しみました。

今回は同じ過ちを繰り返さないようにまず、チョウツガイを取りつけて、内側にラバークロスを貼り、その外側にもラバークロスを貼りそれから上辺、側面を貼り、のりしろ部分で、下辺を上からさらに貼りつけるようにしました。もちろんこののりしろ部分はたっぷりと分量を取ることを忘れずに…。

チョウツガイの取り付けは山葉61鍵を参照してください。
チョウツガイの部分の内側にラバークロスを貼りますが、このように浮き上がってしまうところは何度も手でしごいて浮き上がらないようにしてください。

e0197734_16141178.jpg


ある程度しごいてぴたりとついてきたら物差しをはさんで上から重い辞書などを置いてしっかりと乾かします。

e0197734_16161131.jpg


そして、このチョウツガイの部分の表側、下辺の部分を貼ります。
ここも隙間なく、貼ったら必ず押さえの板を貼ります。

e0197734_16243951.jpg


前回はハンズで買った手芸用の粒にかわを使いましたが、今回はイト―シンさんで仕入れた板にかわを使用しました。
以前よりも貼りつき方が断然良いと思いました。

これが板にかわです。
e0197734_054325.jpg


良いにかわを使うことも大切なのですね。
[PR]
by kazenokoto | 2012-08-12 16:17 | 西川オルガン49鍵 | Comments(8)
Commented by DT at 2013-07-17 09:55 x
金属蝶番は使わないのがデフォになってきました
真鍮でも音が出てくる場合があります
私はブットイベルトで蝶番作ってます
それと私の場合大袋貼ってから小袋が楽です
理由は小袋からやると重くなって作業性が悪くなるから
Commented by シマケン at 2013-12-06 10:21 x
ニカワは私の場合は、ヴァイオリンの製作家に薦められて画材屋さんの粒ニカワを使っています。
Commented by DT at 2014-01-01 23:53 x
私 ゼリエースっすけど(笑)
余ったらゼリーで食べられるし
臭くないし
接着力で困ったこと無いです
バラす必要のない構造部分までニカワ使うのはナンセンスです
どうせ暖めても分解できないし
だったらタイトボンドです
Commented by kazenokoto at 2014-01-27 23:10
DT様

なるほど。なんとなく小さいほうから始めていましたが、そういえば大袋が先のほうが作業しやすいかもしれません。ありがとうございました。
Commented by kazenokoto at 2014-01-27 23:13
シマケン様


ありがとうございます。
画材屋さんでも売っているのですね。膠もいろいろですね。
Commented by kazenokoto at 2014-01-27 23:14
DT様

パイプオルガンビルダーの方もゼラチンでいいんですよとおっしゃってました。
Commented by DT at 2014-02-05 14:35 x
もう1年以上ガンガン弾いてますけど問題は出てません
問題は大量に買ったゼリエース(1kg)!
三日連続でデザート作ったら飽きるってことですねー

コーティングにしか使わないんで
ちょっとしか使いません
インスタントコーヒーのビンに入れて電子レンジで溶かしてます
使い終わったら荒熱取って冷蔵庫
Commented by kazenokoto at 2014-02-09 14:58
お料理教室みたいですね!(^^)/