リードオルガン修理の広場

fuukin.exblog.jp
ブログトップ

解体①

解体をしていくといろいろな事がわかってきます。

まず鍵盤回りですが、鍵盤横の板を外すとあっさり鍵盤の深さが正常に…。

組み立ての時点でバランスが崩れて鍵盤が浅くなってしまったようです。

返すがえすも、出来上がった時点で一度弾いてみてくれれば!と思うばかりです。
e0197734_22130916.jpg
【正常な位置に戻った鍵盤】

この時点で、鍵盤の下がり具合も調べておきましょう。

一つ一つの鍵盤を弾いてみると降り方がキシキシと渋い箇所やカチカチと音がする箇所があります。

これはピットマンにひっかかりがある、或は共鳴箱内部のパレットバルブを押えるバネが原因の場合があります。

組み立ててからでは2度手間になりますので、今のうちに調べてチェックしておき解体した時にしっかり調整しておきます。


解体するときは、必ず写真それぞれの段階で写真を撮っておきましょう。

すぐに元に戻せるのなら記憶を頼りに出来ますが、修理が長引いたり、忙しくてなかなか修理が出来ないと3カ月~4か月とほったらかしになってしまう場合もあります。その時、写真が非常に参考になります。

また、メモなども有効です。

鍵盤を外した後から記録します。

ピットマンガイドを外す→ピットマンを外す→カプラーボードを外す→フルオルガンピンを外す→ストップ連結を外す→スウェルボックスを外す…、等々です。組み立ては反対に戻っていきます。

ストップ連結では、新しいものが作られている箇所がありました。とてもきれいに作られています。
e0197734_22363157.jpg
こういうものは得意な人だったのだろうなあ…と思ったりします。






[PR]
by kazenokoto | 2017-08-23 22:45 | ヤマハオルガン11ストップ(大正時代) | Comments(0)