リードオルガン修理の広場

fuukin.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

山葉オルガン61鍵(16)

オルガンの鍵盤は金属用のクリーナーで磨きます。
汚れが落ちます!

e0197734_021823.jpg


こんなにきれいになりました。

e0197734_03685.jpg


ついでにペダルも張り替えます。
以前は模様のあるペダルでそれも素敵だったのですが、とても古くて破れもありましたので、革で張り替えました。周りのピンがちょっと大きすぎたかな…? 
でも、このピンももう少し古くなればいい感じに渋い光になると思います。

e0197734_071995.jpg

[PR]
by kazenokoto | 2012-02-19 00:08 | 山葉オルガン61鍵 | Comments(0)

山葉オルガン 61鍵(15)

鍵盤の後ろ側をくわえ(鍵盤を押さえる長い板状のもの)で止めます。

e0197734_22354426.jpg


鍵盤をおく前にスウェルのふたを開ける連結棒を忘れずに取りつけます。
e0197734_2358328.jpg


鍵盤をおいてみると意外とガタつきがあります。
e0197734_22374635.jpg


ピットマンで高さを調節します。
ピットマンの上に丸状にカットした紙を貼ります。紙の厚さはいろいろ調節します。

e0197734_22405676.jpg


鍵盤の高さがそろいました!
e0197734_22421060.jpg

[PR]
by kazenokoto | 2012-02-13 22:46 | 山葉オルガン61鍵 | Comments(0)

山葉オルガン61鍵(14)

袋貼りが終わったら、今度は鍵盤です。
鍵盤一本一本の裏、ちょうどピットマンが当たるところに、にかわでフェルトを貼ります。

e0197734_23244846.jpg


ピットマンとは鍵盤を押して、格子戸バルブをあける為の棒です。
これも古くなって折れてしまったりかけたりしたものは、新しいものに変えます。
市販されている筒状の棒は5ミリのものしかないので、4.5ミリにするためにやすりで削りました。

e0197734_2330374.jpg


黒い部分は滑りを良くするために鉛筆の芯を塗りました。
[PR]
by kazenokoto | 2012-02-11 23:31 | 山葉オルガン61鍵 | Comments(0)

山葉オルガン61鍵(13)

次に同じ方法で大袋を貼ります。
ヒンジの部分は布ではなく金物が付いていました。
e0197734_21254744.jpg


ヒンジの上からラバークロスを貼ります。
e0197734_236675.jpg


底の部分にはラバークロスの幅に合わせてベルトを取りつけます。
ラバークロスに負担をかけないようにするためだと思います。
e0197734_23857100.jpg

[PR]
by kazenokoto | 2012-02-09 23:09 | 山葉オルガン61鍵 | Comments(0)

山葉オルガン61鍵(12)

小袋の横の部分が出っ張らないように外側に貼るベルトです。
これはラバークロス+厚紙+革を張り合わせて2センチ幅位のベルトを作ったものです。

e0197734_0155385.jpg



これを革の部分を袋側にあてて小さな釘で止めます。

e0197734_0172451.jpg


こうすると袋が横に飛び出しません。
ちなみにこのベルトは大袋には必要ありません。マイナス圧だけだからだそうです。
小袋は大袋の空気をかきだす役目なのでその時にプラス圧もかかるのでその時に袋が飛び出してしまうのだそうです。

オルガンの仕組みってこうなっているのですね。何年も弾いてはいましたが、こうして修理をしてみて初めて分かることがたくさんあります。
[PR]
by kazenokoto | 2012-02-08 00:22 | 山葉オルガン61鍵 | Comments(0)

山葉オルガン61鍵(11)

小袋にラバークロスを貼る時、底の部分に写真のような形の厚紙を貼ります。
これは袋が外側に出っ張らないようにするためです。

ちなみに大袋にはこれは必要ないそうです。(マイナスの空気圧のみだからだそうです。)

e0197734_23342491.jpg


ひもをつけた板を置き板の底が12㎝の幅になるようにします。
ひもは穴から出しておきます。小袋を貼った後に穴からこのひもを引っ張ると中の板が取れるしくみです。

e0197734_23424422.jpg




板の中心に線を引きます。(長いほうが中心線です。)カットしたラバークロスの中心にも印をつけて、ラバークロスと板側にもにかわを塗って合わせて貼ります。のりしろは板の厚さに合わせます。

e0197734_23381736.jpg



まず、上側を貼って、下側を貼ります。そのあと左右を貼りますが余分なラバークロスは三角の部分に合わせて切り取ります。 まず、小袋の形に合わせてクロスにしるしをつけます。そのあと余分を切り取ります。

e0197734_23495218.jpg


角の部分は切り込みを入れます。切りすぎないように注意!

e0197734_2304527.jpg


上部は板の厚さ分ににかわを塗り、下部はのりしろの部分を2センチほど取ってにかわで貼ります。
ガイドとなる板に合わせて貼ります。

e0197734_2353371.jpg


上の写真のようににかわを塗ったのりしろの部分にうすい板をはり押さえます。タッカーで止めます。この時袋に穴を開けないように気をつけます。
[PR]
by kazenokoto | 2012-02-06 23:57 | 山葉オルガン61鍵 | Comments(0)