リードオルガン修理の広場

fuukin.exblog.jp
ブログトップ

西川オルガン49鍵(3) 解体

鍵盤の端の板をはずします。

こんな風にネジの頭がつぶれてしまっているともうお手上げです。
e0197734_215341100.jpg


以前修理された方も苦労なさったのでしょう。キズがたくさん。
少々乱暴ですが力ずくで引っこ抜きます。

鍵盤をはずすとピットマンが並んでいました。
e0197734_21551134.jpg


一つだけ真っ白なピットマンが・・。
e0197734_2156274.jpg

[PR]
# by kazenokoto | 2010-09-15 21:57 | 西川オルガン49鍵 | Comments(0)

西川オルガン49鍵(2) 解体

まずはオルガンのねじをはずしていきます。

ここで大変なのが、錆ついてしまったネジがまわらなくなっていることとねじの頭がつぶれてしまいドライバーが引っかからない事です。

おなじみの方法ですが、貫通ドライバーでネジを回しながら金づちで叩くとネジが動き始めます。

CRCも強い味方です。

オルガンをあけてみると・・・・。


ずいぶんとネジがなくなっていました。誰かが持っていってしまったのでしょうか。
e0197734_2256733.jpg



鍵盤を取り付ける部分はネジが一本もなく、釘で打ってありました!
e0197734_22571499.jpg


これを抜くのが大変なのです。後の人の為にもネジを使いましょう。

とりあえず、鍵盤の作業から始めることにしました。
[PR]
# by kazenokoto | 2010-09-14 23:02 | 西川オルガン49鍵 | Comments(0)

西川オルガン49鍵 (1)

はじめまして、こんにちは!ふうきんです。
2台目の修理です。今回から修理の過程をブログに書いていこうと思います。
リードオルガンをお持ちの方で、音が出なくなって困った方、袋を貼り替えてみたい方、何かのご参考になれば幸いです。

今回の修理の題材は、西川オルガン49鍵です。
埼玉県のオルガンコレクターでいらっしゃるM様よりオークションを通じて譲っていただきました。
全く音は出ません。
M様が大事にされていたオルガンなので、なんとか美しい音をよみがえらせたいと思っております。
e0197734_2024382.jpg

Nishikawa&Son, Yokohama,Japan 製造番号21470
[PR]
# by kazenokoto | 2010-09-13 20:27 | 西川オルガン49鍵 | Comments(0)